【絶対】童貞のまま結婚してはいけない4つの理由【ダメ】

童貞は女性経験が乏しいので、自分のことを愛してくれた女性と結婚まで考えるのはとても自然な流れです。

しかし、絶対にやめておいた方がいいと思います。

この記事では、童貞のまま結婚しない方がいい理由を、客観的なデータも踏まえて解説いたします。

童貞は結婚生活が破綻する可能性が非常に高い

童貞のまま結婚することをお勧めしない理由は、結婚生活が破綻する可能性が非常に高いからです。詳細に見ていきましょう。

童貞のまま結婚を決めたタイミングでは、次のような価値観だと思います。

  • (初体験を済ましている場合)嫁とセックスできれば別に不満はない
  • これまで女に全くモテなかったし、これからもモテないだろう
  • 結婚したら夫婦で仲良くやっていけるだろう
  • 童貞の自分を愛してくれたんだから結婚しても安心だろう

しかし、残念ながらこれらの前提は全て崩壊する可能性があります。順番に見ていきましょう。

原因①:ただでさえ日本人夫婦はセックスレスになりやすい

まず大前提として、結婚後はセックスレスになる可能性が非常に高いです。

これはいろんなデータからも立証されていて、以下のアンケート調査からは、既婚者の約55%がセックスレスと回答しているほどなのです(童貞かどうか無関係でこの数値なのです)。

※日本人夫婦はセックスレスの割合が高いことで有名です。

質問→「結婚相手や恋人と、セックスレス状態だと思いますか?」 出典:相模ゴム工業株式会社

セックスは飽きるもの

童貞に限らず、同じ相手とセックスを続けると飽きます。

これがもし、セックステクニックのない童貞のまま結婚した男性だったらどうでしょう。

そうです、すぐさま嫁に飽きられます。

嫁は口には出さないでしょうし、初めのうちは我慢してくれるでしょうが、間違いなく飽きられます。

そうすると、あなた自身が嫁とセックスすることで性浴を解消したくても、嫁がそれを許してくれないという悲しい状況になります。

嫁が浮気する可能性も決して低くない

夫婦や恋人がいる人で「セックスが少ないと思う」と回答した人のうち、もっとセックスをしたいと思っている人の割合を示したのが以下のグラフです。

男性が女性を上回っているものの、女性でも平均して3人に1人はもっとセックスしたいと思っているのです。

特に20代は60%、30代は47%がそう回答しており、かなりの数の浮気予備軍がいると言えます。

質問→「(夫婦・恋人とのセックスが少ないと答えた人に対して)もっとセックスをしたいと思うか?」 出典:相模ゴム工業株式会社

原因②:既婚男性はモテやすい

これは感覚的な話で恐縮ですが、童貞だったり目立たないタイプの男性が、結婚した途端女性社員からモテ始めるという話はよく聞くところです。

理由は、おそらく結婚によって女性慣れして余裕が生まれることと、「既婚者=それなりに女性絵経験がある」という暗黙の前提が働くためと考えます。

もちろん、モテまくって困るレベルではないのですが、「これまで見向きもされなかったのに、飲み会で後輩女性社員がやたらスキンシップしてくる」といったことが増えるようです。

嫁とセックスレスで欲求不満のときに、歳下で見た目も悪くない女性社員がべたべたのスキンシップをして来るなんて、童貞のまま結婚した男性にとっては、こんな経験そうなかったでしょう。

↓例えば、単身で出張中、こんなセクシーなお姉さんに誘惑されたら、断ることができますか?

管理人は秒速で着いていきます。

「好みの女性じゃないから断れる」という方、好みの女性だったらどうですか?

そういうことなのです。

原因③:童貞はセックス以外も女性を満足させられない

実際問題、結婚生活とは我慢の連続です。

人生のゴールでも、バラ色の生活でもありません。

セックス以外の日常生活においても、夫として、男として嫁を支えていく必要があります。

しかし、童貞は女性経験が少ないので、女心を理解できません。

「結婚してから学んでいけばいいんじゃないの?」と聞こえてきそうですが、男女関係においては、

  • 彼氏彼女は練習試合
  • 結婚生活は試合本番

です。

試合本番中に悠長に学んでいる暇はなく、あっけなく負けて試合終了です(結婚の場合は離婚がこれにあたります)。

原因④:嫁の本当の姿は結婚後に現れる

童貞は愛情に飢えているので、こんな自分を愛してくれる女性をとにかく愛おしく感じます。

しかし、ですよ。

女性は早く結婚することがステータスなので、結婚前にはなるべく自分をよく見せ、童貞であるあなたに結婚したいと思わせようとします。

やはり童貞は女心を理解する機会がなかったので、そういう策略にコロッと落とされてしまいがちです。

「こんな女だと知っていたら結婚しなかったのに」というのは、非常によくある話なのです。

離婚する夫婦は年間25万組!

もうひとつ、恐ろしいデータがあります。

厚生労働省が実施する統計調査の中に、離婚に関する調査がありまして、それによると1年間に離婚する夫婦はなんと25万組もいるそうです。

※この調査は10年単位で公表されるので、以下のデータは少し古い(平成20年まで)ですが、規模感としては大差ないでしょう。

出典:厚生労働省

この調査も、童貞のまま結婚した夫婦とそうでない夫婦をごっちゃにしたものなので、前者の場合はさらに多くなる可能性が高いことに注意が必要です。

  • 女性の社会進出
  • 芸能界など有名人の離婚の横行
  • 先行き不透明な景気

これらによって、離婚すること自体が普通の世の中になってきています。

離婚しようと思ったら、普通にできてしまう世の中なのです。

そんな現代で、童貞や女性経験が十分でない状態で、結婚してしまって本当に大丈夫ですか??

ヤリチンの方が結婚で幸せになれる理由

童貞のまま結婚することにデメリットしかないことに対し、ヤリチンの状態で結婚することにはメリットが目立ちます。せっかくなのでこちらも見ていきましょう。

良い嫁を選べる

ヤリチン経験豊富なので、自分にとって良い嫁を選ぶ目があります。

また、実際に付き合ったりセックス して、相性を確かめてから結婚を決断することができるのです。

言い方が悪いですが、ヤリチンになれば、童貞のように結婚前に猫を被った女に騙されることはないのです。

結婚後も嫁を満足させられる

ヤリチンは総じてセックスが上手です。

女性を気持ちよくさせるテクニックを持っていますし、引き出しも多いです。

また、女心を理解しているので、セックス以外の女性の扱いが得意です。

ちなみに、これらは才能ではなく、経験豊富であることによるものですので、誰でも身につけることが可能ですよ。

適度に火遊びできる(本気にならない)

まあ浮気はよくないのですが、実際問題、多少の火遊びは多くの夫婦が経験することです。

マスコミに対する警戒心が強い芸能人でさえ、最近のゲスい浮気が多発していますので、一般人でも同じことが言えるのはイメージできるかと思います。

そんなときに、本気にならずに、遊びと割り切ることができるヤリチンは家族にバレづらいですし、バレても許してもらえる可能性すらあります。

一方で、女性経験が少ない童貞だったら、すぐ本気になってしまい、自分の中でも遊びと割り切ることができずに家庭が破綻することになります。

以上の理由から、童貞のまま結婚してはいけない4つの理由です。

プラトニックな状態で結婚したいという発想も理解できますが、実際問題、ただでさえ難しい結婚生活をうまくやっていくには童貞や女性経験が少ない状態だと難しいということです。

むしろ、散々遊んだヤリチンの方が良い嫁を見つけることができ、良い結婚生活を実現することができるのです。

嫁や家庭を大事にしたい人こそ、独身の間に遊び倒しましょう。

それでは今日はこの辺で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする